伊勢木綿
私たちが受け継ぎ、次世代へ残したいもの

奈良時代に大和朝廷より錦織の技術が伝わり、 それ以降、絹、麻、草綿等の織物が盛んに織られました。
伊勢紬は有名でした。
室町時代に綿の種が伝来すると…
伊勢は土、水、天候、冬場の肥料鰯に恵まれ、綿の生育に適した場所でしたので、三河、河内等と並び綿の一大産地になりました。
伊勢では特に良質の綿が取れ、最高級の木綿との評価を得ていました。


江戸時代初期には、川喜多家や田端屋が江戸へ広め、伊勢の国からきた木綿、つまり伊勢木綿と呼ばれるようになりました。
地元では桑名縞、富田木綿、神戸木綿、白子木綿、安濃木綿、磯山木綿と呼ばれていました。


当時の伊勢の国は、現在の伊勢市でなく藤堂藩の治めたところを言いました。
残念ながら、藤堂氏は関が原のときに西軍であったため、徳川家康には可愛がられましたが、外様大名であったこともあり、家康亡き後いろいろな圧力を受けることとなりました。
その一つが、江戸との木綿の交易を冥加金制度(税金が徴収された)にされ、近江商人に販売の実権を握られてしまったことです。
そのため当時の伊勢木綿商人たちは、群馬、茨城、千葉へと販路を求めるしかありませんでした。
その名残として、白塚に有る常夜灯は、千葉の業者が大量に木綿を売ってもらったお礼にと作られたものだそうです。


残念なことに、地震、第2次世界大戦、伊勢湾台風等の災害により、伊勢木綿に関する資料のほとんどは残っておりません。
国会図書館に行きますと、明治時代の伊勢織物誌、津市誌等に多少の記載がありますが…


明治以降、松阪の近江商人は特権を失くすも、政商であったため、商売を広げ、三井、西武、伊藤忠となりました。
これが「近江泥棒伊勢乞食」と言われる所以です。
伊勢木綿はこの頃には日本橋との取引を再開し、一大産地となりましたが、戦後、廃業が相次ぎ、地元の人も忘れてしまっているのが現状です。

現在では唯一となってしまった伊勢木綿の織本である「臼井織布」さんを訪ねました。


臼井織布さんは江戸時代中頃に紺屋を始め、江戸時代終わり頃には出機(でばた)から織り機まで並べ、近所の人たちに働きにきてもらうようにまでなったそうです。
明治の中頃に、豊田佐吉さんから力織機(りきしょっき)を買って増産につとめ、現在でもその当時の機械を使っていらっしゃいます。

歴史を感じさせる素敵な風情です。



工場を見学させていただきました。
明治からずっと伊勢木綿を支え続けてきた力織機に感動です。





臼井織布さんの愛情がいっぱい詰まった伊勢木綿たちです。



こんなにも温かみを感じられる伝統の品を今に伝えるのが「臼井織布」さん1軒になってしまったという現実が残念で仕方ありません。
私たちスタジオ・ボルボレッタは微力ながら、伊勢木綿の素晴らしさを発信し続けていくことで、その存在と価値、そして魅力をより多くの方々に知っていただき、次世代への架け橋になれれば…と思っています。


● 引き出物におすすめします「伊勢木綿」
伊勢木綿を引き出物にご利用いただいた際のスナップ写真です。
左)鰹節を伊勢木綿で包みました。
右)子供たちには伊勢木綿のポシェットに駄菓子を入れて♪

伊勢木綿製品は、伊勢神宮内宮前「おはらい町通り」の魚春さん、サン浦島・ジアース・鳥羽国際ホテル・鳥羽ビューホテル花真珠・海の蝶・鳥羽一番館・酒徳昆布本店・BORBOLETTAサロンにてにてお求めいただけます。


★ 遠方の方は
LinkIconこちらから「お問い合わせ」ください♪


LinkIcon「おかげさまプロジェクト」へ戻る